『推しはα2 新婚旅行は妖怪の里』発売記念 夜光花先生インタビュー

『推しはα(2) 新婚旅行は妖怪の里』発売記念 夜光花先生インタビュー

インタビュー

ペンネームに由来がありましたら、教えてください。

姓名判断でよさそうな名前を作ったのであまり意味はないです。

新作『推しはα2 新婚旅行は妖怪の里』は、どのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

推しはαの一冊目を書いた時にまたこのキャラたちで何か書きたいな~と思っていました。なんといっても妖怪の里が出てきたので主人公も行きたいな!と。
ちょっと変わっている主人公なので、意外と妖怪の世界のほうがしっくりくるかもと思ったとおり、妖怪の中にいたほうが生きやすそうな結果に。

創作に入られる際、タイトルとプロットは、どちらを先にお決めになりますか?

タイトルはえんえん決まらないことが多く、大半は編集さんが考えてくれます…(編集さん、お世話になっております)

今作の読みどころやお好きなシーンのご紹介をお願いします。

今作は事情があって主人公の子どもが10歳くらいになって現れるのですが、攻めと攻め似の息子の二人が推しメンとなって主人公の萌えを爆上げしてくれます。
そして後半には閻魔大王(もれなく美形)も現れ、主人公にとっては確変状態になります。
イケメン大好き主人公が楽しく過ごしているシーンがたくさんあります。

主要なキャラクターの誕生秘話やキャラ設定への思い入れなどをお聞かせください。(名前の由来なども、お聞かせいただけますと嬉しいです)

攻めの名字は人の嘘を見分ける能力があるので人見です。
受けは攻めを引き立たせるためにモブにしようと思ってこうなりました。

メインキャラクターは、どんな二人(攻めと受け)ですか?

攻めはアルファなので、かっこよくて受けを溺愛しております。
受けは後天性のオメガで、自分がモブだと思っています。
仲良く話していても、ほとんどの話は実はすれ違ってます。

キャラクターの個性も読みどころの一つだと思います。彼らのスタイルに、テーマやこだわりがありましたら、教えてください。(服装・持ち物・ヘアスタイルなど)

受けは自分をモブだと思っているので、おしゃれとかがんばりません。持ち物も地味なものが多いです。ただ調理道具はけっこういいもの使っています。
攻めは山奥に住んでいるので、高くても耐久性のあるものを好みます。
ゲームやマンガに興味がないので、熱心にやってる受けをがんばってるなーと思って見ています。

お気に入りのキャラクターや描き(動かし)やすい、または思い通りにならないなど、キャラクターで違いがありますか?

この主人公は書きやすく、時々暴走するくらいよくしゃべります。書きにくいキャラはいなくて
好きなキャラは閻魔大王です。

「推しはα2 新婚旅行は妖怪の里」にはたくさんの不思議な妖怪たちが出てきます。
夜光先生が一押しの妖怪はいますか?

座敷童のわー子は可愛く書きたいと思っています。

BLで萌えるシチュエーションやお好きなキャラクター設定をお聞かせください。

受けを大好きな攻め以外、書く気になれないです。

作品を書かれる上で大切にされていることや心がけておられること、意識しておられることはありますか?

エロいエロを目指す。

読者様にメッセージをお願いします。

推しはαの二冊目が出ました。ものすごく楽しんで書いたのでぜひ読んでもらいたいです。
攻めが大好きで写真集を作ってしまうほどの受けと、受けが大好きで大切にしている攻めの
ラブコメです。攻めの遺伝子を受け継いだ子どもも誕生したので、どうぞよろしくお願いします!

推しはα(2)新婚旅行は妖怪の里

夜光花(イラスト:みずかねりょう )

笠倉出版社/CROSS NOVELS

発売日:2021年07月09日

推しはα(2) 新婚旅行は妖怪の里

STORY

佑真と結婚してよかった
元平凡βに、推しがダブルで攻めてくる!?

ド平凡βだったはずが、Ωになってしまった佑真。
けれどそのおかげで最推しαの蓮と結婚し、
蓮にそっくりで将来有望間違いなしの息子・颯馬も生まれ、
幸せな新婚&推し生活を満喫していた。
しかし突然、蓮の実家の妖怪専門旅館に閻魔大王の使者が現れる。
円滑な旅館運営のために必要な「印」を、佑真と颯馬に授けるので会いに来いと告げられ、
まさかの新婚旅行代わりに妖怪の里へ行く羽目になってしまい!?
奇想天外オメガバース第二弾!

夜光花先生2か月連続刊行記念

2冊連続購入でコミコミ特典夜光花先生書き下ろし小冊子プレゼント!!

詳細はこちら

特典情報

有償特典みずかねりょう先生イラスト絵柄アクリルコースター

アクリルコースター

+

コミコミ特典イラストカード

コミコミ特典イラストカード

商品ページはこちら

©️夜光花・みずかねりょう/笠倉出版社

TOP