『偽りの王子と黒鋼の騎士』発売記念 六青みつみ先生インタビュー

『偽りの王子と黒鋼の騎士』発売記念六青みつみ先生インタビュー

新作「偽りの王子と黒鋼の騎士」は、ファンタジーで王子と騎士!
今作品を書かれるきっかけを教えてください。

昔むか~し、まだ私がいたいけな少女だった頃にテレビで見た童話(寓話)アニメのお話が、ずっと頭の片隅に残っていて、いつかその童話(寓話)と同じテーマでお話を書きたいと思っていました。そして数年前、同人で合同誌を出すことになったときにちょうど良いチャンスだと思い、うん十年温めていた上記のテーマを盛り込んで書いたのが今作の冒頭65ページ部分です(商業化にあたって改稿しています)。

新作も、妄想が膨らむ素敵なタイトルです。タイトルは、どのようにお決めになりましたか?
またタイトルに込めた思いがおありでしょうか?

タイトルは、物語の骨子がだいたい決まった時点で思い浮かぶことが多いです。毎回、わかりやすく、どんな物語か想像しやすく、テーマに添っているものになるように心がけています。今回は主人公ふたりを比喩的に表現したワードで構成してみました。タイトルを見て(ご質問にもあるように)いったいどんな話なんだろうと妄想を膨らませながら本を手に取り、ページをめくってもらえるようにと念を込めて(笑)つけました。

主要キャラのご紹介、また人物設定や世界観への思い入れなど、お聞かせください。

◆主要キャラ
『シオン(エリュシオン)』……腰まで届く長い金髪、緑の瞳、絶世の美貌の持ち主。17歳。身長172cmくらい。大陸一の歴史を持つローレンシア王国の王太子として17年間わがままいっぱいに育てられた元王子(偽王子)。薔薇や宝石に喩えられるほどの美貌の持ち主で、基本的にアホの子だったが、王太子→下僕という最大落差の身分転落・放浪・その他紆余曲折を経て真っ当な人間に成長…できたのか否か、そして好意を寄せていた騎士グレイルとの恋は成就するのか否か、その目でお確かめください!

『グレイル・ラドウィック』……少し癖のある黒髪と暁の空のように鮮やかな青い瞳の持ち主。27歳。身長190cmくらい。北の大国ロッドバルト帝国の騎士。表向きの名目は親善使節だが、ある目的を持ってローレンシア王国にやってきた。そこでシオン(エリュシオン)に出会い、あまりにも好みど真ん中の容姿に一目惚れしたものの、性格の悪さに辟易してあっという間に百年の恋も冷めたところから物語スタート!

◆その他の気になるキャラ(登場順)
『ダグ爺』……シオンの最初の教育係。齢80オーバーだけど元気な爺。
『ヨルダ・マギィ夫妻&娘のリーア』……行き倒れていたシオンを助けてくれた親切な一家。
『イザーク・ゴッドルーフ』……皇帝エイリークの側近で、グレイルの幼馴染み。
『皇帝エイリーク』……ロッドバルト帝国第三代皇帝。グレイルが忠誠を捧げている人。
『ヨナス・アモット』……ラドウィック家の執事兼家令。グレイルを命の恩人として慕っている。
『モモ』……ロッドバルトで一般的な食用兎。耳に羽が生えているので羽耳と呼ばれている。

◆世界観
現在の地図帳を探しても見つからない、ここではないどこかに存在する異世界が舞台の、いわゆるファンタジーです。今回のお話には竜とか悪魔とか天使みたいなものは出てきませんが、魔法はちょっと出てきます。

◆思い入れ
今作は主人公がひとつの国から別の国へ移動していく、わりとワールドワイドな物語なので、それぞれの国の文化や文明度の違いがなるべく鮮やかに伝わるよう描写に気をつけました。国の違いや漂う空気・季節を感じながら、主人公(+脇役)たちのすったもんだな恋物語を楽しんでいただけたら嬉しいです。

新作の読みどころやお好きなシーンのご紹介をお願いします。

◆読みどころ
読みどころは…人でなしと言われそうですが『シオンの苦難』です(小声)。 個人的にどん底から這い上がって幸せになる主人公が大好きなので、読者の皆様にもぜひその快感を味わって欲しいです。現実の世界ではなかなか味わえない、山から谷、谷から山頂へのジェットコースター人生の昂揚感と快感を、物語を読むことで疑似体験していただければと思います。案外リフレッシュして元気になったりします。(私はめっちゃ元気になります)

◆好きなシーン
いろいろあるんですが、ここで書いてしまうとネタバレになるものが多いので難しい…ので、同人誌ですでに発表済みの冒頭部分から1箇所。シオンが半年間、他の買い物を我慢して一生懸命お金を貯めて買った贈り物を、グレイルに「塵(ごみ)だから捨てろ」と言われてしまうシーンです。シオンがめちゃくちゃ可哀想です。グレイル許すまじ…! ぐぬぬ…ってなりますが、実はそこにはグレイルの深慮遠謀が…――(続きはぜひ本作でお楽しみください)

執筆中のエピソードやここだけの裏話などがありましたら教えてください。

余所様のインタビューでも書いたのですが、シオンとグレイルの初夜がなぜか睡眠姦になるというルートを書いてしまい、担当さんに悲痛な声を出させてしまいました(汗)。結果的にボツにしましたが、あれはきっと≪運命を変える水鏡≫の悪戯だったに違いないと思っています。

【運命を変える魔法の水鏡】によって変わっていく王子の生きる世界を描いておられます。六青みつみ先生にとって【運命】的な出来事がありましたら、教えてください。

最近の【運命】的な出来事は、新しい猫を飼いはじめたことでしょうか。2017年に19年連れ添った愛猫ミハエルを看取って虹の橋の向こうに見送ってから、もう猫を飼うことはないかな…と思っていたのですが、友人が保護した仔猫を縁あって迎え入れることになりました。名前はウリエルです。警戒心が強いのに慣れると気がゆるんでドジっ子になる、濁声で甘ったれな可愛い子です。この子の性格からインスパイアされたお話もそのうち書きたいと思っています。

作品を書かれる上で大切にされていることや心がけておられることはありますか?

夕鶴の「おつう」みたいな気持ちで、機を織るように、編み物をするように、物語を書き上げるよう心がけています。あと、もう少し早く書き上げられるようになりたいです!

BLで萌えるシチュエーションやキャラクター設定を教えてください。

身分差。体格差。誤解とすれ違い。
不遇にめげない健気な子が、どん底から幸せの絶頂に向かう。
ものすごくスペックが高くて道理も備えた格好いい男が、不可抗力によって受の子を苦しめてしまい、そんな己の所業を悔やんで悔やんで苦しみ抜いて、真実の愛をつかむまで。

癒しのアイテムや気分転換の方法、または効果的な息抜き方法などがおありですか?

◆アイテム……猫。見て良し、触って良し、下僕としてこき使われるのもまた良し。

◆気分転換の方法……寝る。睡眠は偉大で素晴らしいエネルギーチャージ。それからウォーキング。プロットや原稿に詰まるとウォーキングに行きます。だいたい良いアイディアやシーンが降りてきてくれます。あとは読書。読書は素晴らしいエネ(略。単純なパズルゲームもリラックスというか現実逃避にぴったりです。

読者様にメッセージをお願いします。

同人誌を読んで続きを待っていてくださった皆様、大変長らくお待たせしました!
そして今回はじめてこの物語に触れる読者の皆様、ちょっと長めの物語ですが、主人公たちと一緒にしばし異世界の暮らしと人生、そして恋愛を楽しんでいただければと思います。
本作はまだ未読の、表紙に惹かれて興味はあるけれど、いろいろ(あらすじに地雷ワードが…とか、値段が…とか)な理由で二の足を踏んでいる方。挿絵、登場人物、設定、シチュエーション、何かひとつでも気になったり惹かれたりするものがありましたら、まずは試し読み(クロスノベルスさんの公式サイトで読めるハズ)にトライしてみていただけたらと思います。そして気に入っていただけたら、ぜひ特典小冊子が付いている間にご購入を。
コミコミスタジオさんで購入すると付いてくる特典小冊子も、本作のボリュームに比例して(笑)ちょっと長めになっています。内容は本編の後日談。長い旅路のあとに入る温泉のような気持ちで、本編読了後にホッとひと息つきつつ楽しんでいただければ幸いです。

作品紹介

偽りの王子と黒鋼の騎士

僕はただ、あなたの愛が欲しかっただけ……。

STORY

偽りの王子と黒鋼の騎士

グレイル・ラドウィックの愛と忠誠を、この僕に!

ローレンシア王国の一粒種・エリュシオンは、蝶よ花よと育てられ、我が儘を我が儘だと思わず生きてきた。

そんな王子に唯一靡かなかったのは、護衛騎士グレイル。エリュシオンは運命が変わるという魔法の水鏡に、グレイルのことを密かに願う。

その時、世界は一変した。偽王子の烙印を押され、凋落したエリュシオンはグレイルの下僕となる。シオンと呼び捨てられ、一から育てなおすかのように接せられるうちに、シオンの中で捨てられずにいた気持ちが溢れてくるが――!?

出版社様コメント

六青みつみ先生待望の新作は、≪運命を変える水鏡≫によって人生が一変した受け・エリュシオンの愛と再生の物語。読み応え抜群のボリュームで、稲荷家房之介先生の美麗イラストとともにお届けします。
エリュシオンの運命が、そして攻め・グレイルとの恋はどう実るのか、最後の一ページまでぜひ一息に読んでいただきたいです。

特典情報

有償特典A5サイズ アクリルボード

有償特典アクリルボード

コミコミ特典六青みつみ先生書き下ろし小冊子

六青みつみ先生書き下ろし小冊子

+

出版社ペーパー

商品ページはこちら
©️六青みつみ/稲荷家房之介/笠倉出版社

TOP