『アウトサイダー・コミュニケーション』発売記念 ツノナツメ先生インタビュー

SP comics mimosa 創刊記念インタビュー特集

『アウトサイダー・コミュニケーション』発売記念 ツノナツメ先生インタビュー

インタビュー

ペンネームに由来がありましたら、教えてください。

悪筆なので手書きでもバランスが取りやすいものにしたかったのと、動物に因みたかったので「角」と「爪」からとって「ツノ+ツメ」でツノナツメです。

今作品は、男子高校生ふたりが主人公の物語ですが、本作品を描かれるきっかけを教えてください。

不良と優等生のお話で、一見して不良生徒が優等生にからんでいるようで、実は優等生側がちょっかいをかけている、というギャップものにしたいなと思ったところからです。

タイトルの『アウトサイダー・コミュニケーション』ですが、同じ場所(高校)に所属していても接点のない関と岩代。仲間ではない二人がバラバラなままでも通じ合う様子を表しているようにも感じました。タイトルは、どのようにお決めになりましたか? また、タイトルに込めた思いがおありでしたらお聞かせください。

タイトルは担当さんと相談し合って「お互いに周囲と距離がある者同士の交流」という意味合いのこのタイトルに決めました。連載当初、第1話の扉につけていただいた「俺もお前も異分子だ」というあおりが、岩代と関にぴったりだなと感動した記憶があります。

主要な登場人物である関と岩代。二人のキャラクターの誕生秘話、またはキャラ設定への思い入れなどはございますか?(岩代のあだ名火星人の由来や関のファッション(ピアスや服装)など何でも構いません)

岩代と関は見た目でふたりのキャラをわかりやすくしたかったので、ふたりとも不良らしく優等生らしい恰好にしました。関はもともと怖い不良の予定でしたが、岩代とかかわらせることで面倒見の良い不良になっていきました。岩代のあだ名は、キャラ設定に「火星人ぽい」と書いてあったものがそのままあだ名になっています。

ツノナツメ先生の一押しシーンやこだわりの読みどころをご紹介お願いします。

岩代から関へのモーションを考えるのが楽しかったので、岩代が関のどういうところに興味や疑問を持つのか注目していただけるといいかもしれません。岩代の関への行動が、探究心からだんだんと関への求愛に変わっていく様子を楽しんでいただけたら幸いです。

一見すると、ヤンキーと優等生ですが、中身は真逆な二人を中心にした高校男子たちの物語を描いておられます。お気に入りのキャラクターや描き(動かし)やすい、または思い通りにならないなど、キャラクターに対する思いを教えてください。

当初、岩代が表情が乏しく動いてくれそうにないキャラクターだったので、もっと腹黒で皮肉な性格に寄せようかと考えたこともありました。担当さんが、当初の真面目で素直すぎる岩代のキャラを気に入ってくれていたので、岩代は現行のままになりました。岩代の素直で真面目なキャラを描き慣れるまで手を焼きましたが、その反面で、岩代に対して反応をいただけることが多かったのがとても新鮮でした。

作品を書かれる上で大切にされていることや心がけていることがありましたら、お聞かせください。

キャラクターが決まらないと漫画を描きだせないタイプらしいので、どんなキャラか考える時間が大切です。あとはネームの段階でセリフを決めていくのですが、そのとき、なるべくキャラクターのしゃべりそうなセリフ回しにするよう心がけています。

執筆中のエピソードやここだけの裏話などがありますか?

2話付近まで、あまりに恋愛的な気配がないふたりだったので、担当さんにこの2人が本当にくっついてくれるのか心配ですとこぼしていた気がします。ちゃんとくっついてくれたので本当に良かったです。

BLで萌えるシチュエーションやキャラクター設定を教えてください。

左右どちらもいけそうな見た目のキャラが好みなので、受け攻めどちらもカッコいいBLが好きです。実際、キャラクターを作ってからこの子は受け攻めどちらだろう?と決めていくこともあるので、お話の途中で左右が決まることもあります。あとは、なぜこの子たちは仲が良いの?と思うような意外な組み合わせも好きです。不良受けが好きだったので、「アウトサイダー・コミュニケーション」で不良受けが描けて楽しかったです。

癒しのアイテムや気分転換の方法、またハマっていることなどがおありですか?

ぼーっとしていると自宅にこもってしまうので、観たいものを見たり買い物に出たり友人と会ったりするといい息抜きになります。物事に深くハマるほうではないのですが、周囲で話題にされているジャンルや作品をそのときどきで気軽に追いかけることが多いです。

読者様にメッセージをお願いします。

関と岩代それぞれ愛着があるふたりなので、気に入っていただけると嬉しいです。私自身、漫画を読むのが好きので「アウトサイダー・コミュニケーション」も、ぜひ読んで楽しんでいただければ幸いです。

作品紹介

アウトサイダー・コミュニケーション

異分子と異分子は、惹かれあってひとつになる

STORY

アウトサイダー・コミュニケーション

不真面目な同級生とつるんでいる高校生の関は、
優等生の岩代に校則違反のアルバイトをしていることがバレてしまう。

今まで一切交流がなかった岩代と言い合いになり、振り払おうとした反動で彼を階段から落としてしまった関。
捻挫した岩代を不本意ながら手助けする中で、正反対の存在だった二人は一緒に過ごす時間が増えていく。

岩代の真面目さと素直さに戸惑う関だったが、徐々に隣にいることに慣れていき――

出版社様コメント

ツノナツメ先生の最新作は、真面目くん×不真面目くんの同級生同士の少し歪な関係を描いた高校生BLです。真面目すぎて他人と交わることができない岩代と、誰とも深く関わることなく過ごしている関。今まで接点のなかった二人の世界がとあることをきっかけに交わり、そしてひとつになっていきます。真面目が故に自分の考えをすぐに口に出してしまう岩代の、関に対する感情をストレートに伝えすぎる姿にはドキドキハラハラさせられます…! 振り回されながらも岩代との関係に馴染んでいく関。これは友情?恋?愛? 異分子同士の二人にしか成立させられない、歪な関係をお楽しみください!

お試し読み一部公開!

画像をクリックすると、別ウィンドウで開きます。

「アウトサイダー・コミュニケーション」試し読み1
「アウトサイダー・コミュニケーション」試し読み2
「アウトサイダー・コミュニケーション」試し読み3
「アウトサイダー・コミュニケーション」試し読み4

特典情報

コミコミ特典ツノナツメ先生描き下ろしリーフレット

ツノナツメ先生描き下ろしリーフレット

+

出版社ペーパー

商品ページはこちら
©️ツノナツメ/リイド社

TOP