気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下

著者: すしまぐろ  サークル: さびぬき  同人誌

気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 下

売り切れました。

  • カートに入れる
発売日:
2020年02月 下旬
商品番号:
G1300010006000116816
同人ジャンル:
刀剣乱舞、小説 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • 【サークル名】さびぬき
    【作家名】すしまぐろ
    【ジャンル】刀剣乱舞、小説
    【キャラクター】山姥切国広、薬研藤四郎
    【発行日】2020/2/16
    【版型・メディア】文庫
    【総ページ数】200
    【作品詳細】
    何故かわからないけれど、私の家の扉 はアプリの中の私の本丸と繋がっている らしい。どこにでもいるひとりのゲームプレ イヤーだった審神者は、見えた道の先 へと進むことにした。毎週日曜日だけ本 丸に現れる審神者と、その隣を世界を 超えて一緒に歩く刀剣達のお話。 20××年に生きてる審神者(プレーヤ ー)が気がついたらほんとに審神者(中 の人)になってた話、第二弾。『気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話』下巻です。

ページトップへ戻る