ぜんぶりゆうはすきだから

著者: ame  サークル: あめ色いろいろ  同人誌 R18

ぜんぶりゆうはすきだから
ぜんぶりゆうはすきだから
ぜんぶりゆうはすきだから
ぜんぶりゆうはすきだから
ぜんぶりゆうはすきだから
ぜんぶりゆうはすきだから
ぜんぶりゆうはすきだから

売り切れました。

  • カートに入れる
発売日:
2018年11月 下旬
商品番号:
G1300010006000111837
同人ジャンル:
名探偵コナン 
カップリング:
赤井秀一×安室透 
イベント:
秘密の裏稼業10 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • 【サークル名】 あめ色いろいろ
    【作家名】ame
    【ジャンル】名探偵コナン
    【キャラクター】赤井秀一×安室透
    【発行日】2018/11/24
    【版型・メディア】文庫
    【総ページ数】180
    【作品詳細】
    両片想いハッピーエンド赤安 ハロがいる世界です。 組織壊滅後、警察庁での勤務に戻った降谷は、同じフロアで共に事後処理にあたる赤井から日々様々なアプローチを受け続けている。 実は赤井に片思いしながらも、「赤井が僕に構うのはこのチームを円滑にまとめるため。すべては赤井の気遣いと努力だから、何を言われても真に受けない、期待しない」と呆れた表情を作って赤井の誘いをかわしている。 実際に赤井は、降谷を食事に誘ったその日に他の美女とのデートの予定があったりするものだから、ああ本当に口だけなんだななんて降谷は落ち込んだりもしてしまう。 赤井へ気持ちを伝えるつもりもない降谷にできるのは、ただ家に帰ってハロにその日の赤井との話を聞いてもらうことくらい。 ──だったはずなのに、ついうっかり赤井からの誘いを受けたらキスをされてしまい……? 「次はこれだけじゃ済まない。覚悟しておいてくれ」 降谷は困惑しながらも「もしかしたら赤井も本当に僕のことを……?」と『次』への期待に胸を膨らませる。 しかしそんな降谷を待っていたのは、それまでの降谷へのアプローチなど一切なかったかのように冷たく振舞う赤井だった── という話とそのあとの初夜。

ページトップへ戻る