気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 上

著者: すしまぐろ  サークル: さびぬき  同人誌

気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 上
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 上
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 上
気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話 上

売り切れました。

  • カートに入れる
発売日:
2020年02月 下旬
商品番号:
G1300010006000110031
同人ジャンル:
刀剣乱舞・小説 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • 【サークル名】さびぬき
    【作家名】すしまぐろ
    【ジャンル】刀剣乱舞・小説
    【キャラクター】薬研藤四郎、山姥切国広
    【発行日】2018/6/3
    【版型・メディア】文庫
    【総ページ数】208
    【作品詳細】
    何の変哲もない梅雨の日、とあるゲームプレイヤーの部屋の扉が突然自分の本丸と繋がった!?夢?幻?それとも…? よくわからないけど、ま、なんとかなるんじゃないかな?って思ってるノリと勢いで生きている審神者と、 そんな審神者に振り回される刀剣達のお話。 20××年に生きてる審神者(プレーヤー)が気がついたらほんとに審神者(中の人)になってた話、第一弾。 『気がついたらほんとに審神者になってた審神者の話』上巻です。

ページトップへ戻る