掃いて捨てるほどの、愛があるというのなら。

著者: 四ノ宮慶  サークル: BLUE ROSE BLUES  同人誌 R18

掃いて捨てるほどの、愛があるというのなら。
掃いて捨てるほどの、愛があるというのなら。

価格: 1,543 (税込)

15 pt還元

発売日:
2017年12月30日
商品番号:
G1100010006000090047
同人ジャンル:
オリジナル・小説 
在庫:
あり
お気に入り追加

商品説明

  • 【作家名】四ノ宮慶
    【サイズ】A5
    【ページ】108
    【ジャンル】オリジナルjune・小説
    【カップリング】藤崎賢介×石井護
    【初版発行日】2017/12/30
    【内 容】
    オリジナルBL小説、書き下ろし。
    リストランテのオーナーシェフ×売れない作家。
    年の差、年下攻め、不憫受け…等。

    最近はエッセイなどの小さな仕事ばかりしている作家の石井護は、
    〆切り明けの朝、十年ともに暮らした恋人が
    いつの間にかいなくなっていることに気づく。
    茫然自失となった石井がふらり足を踏み入れたのは、
    小さなリストランテ。
    その店のオーナーシェフだという藤崎という男に
    ワインを勧められるまま酔い痴れ、
    石井は恋人を失った悲しみを吐露したのだった。

    十年連れ添った恋人に捨てられた売れない小説家と、
    彼に興味を抱く若いイタリアンシェフの、
    仄暗く謎めいた愛と劣情の物語。

    思い浮かぶままに書き綴った創作書き下ろし作品です。

ページトップへ戻る