BLの教科書

著者: 堀あきこ (関西大学非常勤講師),守如子 (関西大学教授)/編  New ノベルス

BLの教科書

価格: 2,640 円(予価)(税込)

発売日:
2020年07月 中旬
商品番号:
G0109230003000108053
出版社:
有斐閣 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • ≪≪≪≪!ご注意!≫≫≫≫≫
    ※他の商品と一緒にご注文される場合、発売日にご注意ください。
    ご予約の際は、1ヶ月以上発売日の離れたものを
    一度にカートに入れてご予約いただくことはできません。

    ※単品、もしくは同じ月の商品とご一緒にご予約くださいますようお願い致します。
    後日、発売日の近い商品と同梱指示を入れて追加でご予約いただくことは可能です。

    ★同梱についての詳細は
    ご利用ガイド[同梱について]をご確認くださいませ。

    BL(ボーイズラブ)の歴史や研究の方法論,
    社会との関わりなどをジェンダー視点を
    重視して整理したBL研究入門。
    少年愛の時代からBLが一般的になった現在への変遷や,
    様々な形態のBLについて分析。BLで卒論や修論を書こうと思っている人に最適。


    目次
    はじめに――なぜ,BLは重要な研究対象となっているのか(堀あきこ)
    第1部 BLの歴史と概論
     第1章 少年愛・JUNE/やおい・BL――それぞれの呼称の成立と展開(藤本由香里)
     第2章 少年愛と耽美の誕生――1970年代の雑誌メディア(石田美紀)
     Column(1) 竹宮惠子×西炯子――『JUNE』「お絵描き教室」が果たした役割 (倉持佳代子)
     第3章 同人誌と雑誌創刊ブーム,そして「ボーイズラブ」ジャンルへ――1980年代~90年代(西原麻里)
     第4章 BLの浸透と深化,拡大と多様化――2000年代~10年代(堀あきこ・守如子)
     Column(2) BLと百合,近くて遠い2つの世界(田原康夫)
     第5章 BLはどのように議論されてきたのか――「BL論」学説史総論(守如子)
     Column(3) 海外におけるBL文化の広がりと海外の研究(ジェームズ・ウェルカー)
     第2部 さまざまなBLと研究方法
     第6章 やおい同人誌を研究する――物語とキャラクターの分析(石川優)
     第7章 「BL読み」という方法――BL短歌,クィア・リーディング,二次創作短歌(岩川ありさ)
     第8章 ポルノとBL――フェミニズムによるポルノ批判から(堀あきこ)
    Column(4) BLマンガとゲイコミック(田亀源五郎 聞き手:藤本由香里)
     第9章 やおいコミュニティにおける実践(東園子)
     第10章 男性アイドルとBL――BLのまなざしで男性集団の〈絆〉の描かれ方を読み解く(西原麻里)
     Column(5) 2.5次元舞台におけるBL的実践(須川亜紀子)
     第11章 BLゲームとアーカイブ(木川田朱美)
    付 論 BL小説ブックガイド(『BLの教科書』編)
  • 第3部 BLとコンフリクト
     第12章 社会問題化するBL――性表現の性の二重基準(堀あきこ)
     第13章 ゲイ男性はBLをどう読んできたか(前川直哉)
     Column(6) 生身の人間にファンタジーを押しつけないために(守如子)
     第14章 BLとナショナリズム(金孝眞)
    おわりに――なぜ,「BLの教科書」なのか(守如子)

    ※内容は予告なく変更する場合がございます

ページトップへ戻る