殿下の子を生んでしまいましたが卵だったので、フロシキに包んで逃げようと思います 竜の卵は溺愛の証明

著者: あさぎ千夜春  イラスト: ウエハラ蜂  文庫 TL

殿下の子を生んでしまいましたが卵だったので、フロシキに包んで逃げようと思います 竜の卵は溺愛の証明

売り切れました。

  • カートに入れる
発売日:
2021年08月23日
商品番号:
G0100290002000125620
出版社:
竹書房 
レーベル:
蜜猫文庫 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • 竜騎士の末裔×近衛騎士志望の姫

    王子様と一夜を共にしたら、二人の卵(あいのけっしょう)が生まれました!!!?

    「俺は、お前と一緒にたまっ……ぴぃちゃんを育てる。俺が父親ならなおさらだ」

    辺境伯令嬢のカタリナは、ある朝自分が『竜の卵』を生んでいたことに気付き青ざめる。

    「今晩はひとりでいたくない。お前が欲しい…」

    竜の血を引く竜騎士の子孫である王子、シリウスとあやまちを犯した覚えがあるからだ。

    王位を巡り複雑な立場のシリウスが、自分などと子を作ったのがばれるとまずい。

    カタリナは卵をフロシキに包んで実家へと逃げ帰る。

    だがシリウスはすぐに彼女を追いかけ、一緒に卵を育てようと言いだし!?



    《あさぎ千夜春先生のほかの作品はこちらでチェック♪》

    《ウエハラ蜂先生のほかの作品はこちらでチェック♪》

ページトップへ戻る