京都伏見は水神さまのいたはるところ 藤咲く京に緋色のたそかれ

著者: 相川真  イラスト: 白谷ゆう  文庫 一般

京都伏見は水神さまのいたはるところ 藤咲く京に緋色のたそかれ

売り切れました。

  • カートに入れる
発売日:
2022年05月20日
商品番号:
G0100200002000134069
出版社:
集英社 
レーベル:
集英社オレンジ文庫 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • 「少しだけ、昔の話をしよう」

    祖母の神社に寄せられる、水にまつわる相談事の解決を手伝いをしながら、大学院生として民俗学の研究をしているひろ。
    ある日、ひろが偶然持ち帰った一幅の掛け軸を広げると、そこには美しい藤の花と、燃えるような赤い毛並みを持つ山犬の絵が描かれていた。
    掛け軸を目にした白蛇の化身シロは、遠い昔の記憶を思い出し、ひろに語り始める。
    それは、シロがかつて京都南にあった「巨椋池」の龍神で「指月」と呼ばれ、畏れられていたころのこと。
    東山に棲み、炎を喰らったという山犬「夕暮丸」と、美しい藤の化身「雨藤」との交流の物語……。
    平安時代、江戸時代中期、幕末、現代と時をこえて、水神シロがどのように生き、どのように彼らの「心」を愛していたか。
    美しくも切ないシロの記憶が明かされる、人気シリーズ番外編。



    《相川真先生のほかの作品はこちらでチェック♪》

    《白谷ゆう先生のほかの作品はこちらでチェック♪》

ページトップへ戻る