toy doll(s), my best doll ±ZERO

著者: 吉崎二寸  サークル: BAD INFLUENCE  同人誌 R18

toy doll(s), my best doll ±ZERO
toy doll(s), my best doll ±ZERO
toy doll(s), my best doll ±ZERO
toy doll(s), my best doll ±ZERO
toy doll(s), my best doll ±ZERO
toy doll(s), my best doll ±ZERO
toy doll(s), my best doll ±ZERO

売り切れました。

  • カートに入れる
発売日:
2018年11月 中旬
商品番号:
G1300010006000111607
同人ジャンル:
TIGER&BUNNY 
カップリング:
バーナビー×鏑木・T・虎徹 
イベント:
TIGERHUNTING13 
在庫:
なし
お気に入り追加

商品説明

  • 【サークル名】 BAD INFLUENCE
    【作家名】吉崎二寸
    【ジャンル】TIGER&BUNNY
    【キャラクター】バーナビー×鏑木・T・虎徹
    【発行日】2018/11/17
    【版型・メディア】B5
    【総ページ数】80
    【作品詳細】
    前編後編の2冊構成で発行した「toy doll(s), my best doll」を1冊にまとめ、その後日談を加えた再編集本です。 <前編> とある事件がきっかけで、バニーそっくりの人形がヒーロー達の元へと大量に持ち込まれる。普段の憤懣をぶつけることを思いつき、虎徹さんはその内一体をこっそりと自宅へ持ち帰ったが、人形を持ち帰ったことがバニー本人の知る所となり…。前編バニーはツンバニやや強めです。 <後編> 前編で少し距離を縮めた二人が、人形の処分を前にもう一歩踏み出してみたら踏み出しすぎてぶつかってしまった、そんな話です。予定調和なラストに向かいますが、すんなりといかないのもお約束。 <後日談> 処分の日が迫り、持ち帰った人形をどうするか思案しながらの逢瀬。バニーからの提案に感心しながらも最後にもう一度…と疑似視姦を思う虎徹さん。あっさり見抜いて却下したバニーだったが、続いて洩らしたひと言から斜め上の展開に。

ページトップへ戻る